在籍確認とは

在籍確認とは

カードローンやクレジット会社に申込んだ際に、申込書に記載した勤務先に在籍を確認することです。
目的は、審査の一環として本人が本当に申告した勤務先で働いているかの裏取りになります。

 

一般的には審査担当者が個人名で電話をかけることが多く、本人につながれば在籍確認は終了です。
在籍確認が取れない場合は、申込者に収入がある保証がないどころか虚偽の申告をしたことにより審査に落ちる可能性が高くなります。

 

管理人の事例

管理人がカードローンやクレジットカードに申し込んだ際にも、漏れなく在籍確認がありました。
私の職場は代表電話にかけると総務部につながるため、そこで全て在籍確認が終了してしまいました。

 

電話に出た先輩から「今日、変な女性から電話があったぞ、お前の名前を言ってきたので『外出中です。どちら様ですか?』と答えたら、『では結構です』と言って電話を切られたぞ」と言われたので、「クレジットカードを申込んだので、確認だと思います」と答えておきました。

 

本人に直接電話が繋がらなくても、電話に出た人から在籍が確認できればOKのようです。